皆様こんにちは、京都府久御山町 整体治療、鍼灸治療 宮ノ後鍼灸整骨院の院長 齊藤です。

 

最近、スマホの使い過ぎで病院で腱鞘炎と診断された方や、調理の仕事を始めた方で腱鞘炎になった患者さんが来院されました。

腫れや痛みがあり手が使えなくなると、なにかと困ってしまいますよね。

 

今回のブログは、症状が出てしまうとしつこい痛みが続いてしまう【腱鞘炎】についてお伝えします。

「言われたように安静にしているけど、なかなか腱鞘炎が治らない」

 

 「ずっとシップを貼ってるけど痛みが続く」

 

「これ以上、ひどくならないか心配」

 

家事や育児などの日常生活と深く結びついているからこそ辛い、腱鞘炎。

安静にしていたり、注射を打っているだけでは、残念ながら腱鞘炎が治らないケースがあります。

 

今回は腱鞘炎の中でも親指を伸ばす伸筋腱が狭窄されて起きる「ド・ケルバン腱鞘炎」原因や、なりやすい方の特徴。

そして、チェック方法と予防ストレッチについてお伝えします。

 

 

腱鞘炎とは

 

腱鞘炎とは腱鞘が炎症を起こしている状態です。

骨と筋肉をつなぐのが腱で、その腱の通り道が腱鞘です。

腱鞘はトンネル状の形で、複数の腱を束ねています。

本来は人が指や手を動かす時に腱鞘の中を腱が滑らかに動きますが、使い過ぎたりすると腱が炎症を起こして腱が太くなり、腱鞘は内腔が狭まります。

その結果、腱と腱鞘が強くこすれ合うようになり、炎症が悪化して痛みが生じる状態が腱鞘炎です。

安静にして手を使わなければ腫れは収まりますが、使い続けると腫れたままで痛みを伴います。

 

腱鞘炎になる原因は!?

 

ド・ケルバン腱鞘炎は、親指を使い過ぎて負荷がかかることによって、腱鞘が分厚くなります。

そして、腱が傷つき炎症の原因となり、そのまま負荷がかかり続けるとさらに刺激になって、悪循環が生じると考えられています。

 

 一般的に、手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴です。

当院の場合、スマホの長時間利用で発症する人が多いように見受けられます。

スマホを片手で操作するとき、親指を酷使します。

同じ動作を繰り返していると、それだけ疲労が蓄積され腱鞘炎が発症する原因となります。

 

また、妊娠・出産期や更年期のホルモンの変化も関係しているため、

20歳から50歳前後の女性に多いとされています。

 

実際に私の長女が生まれた時に妻が両手のド・ケルバン腱鞘炎になりました。

サポーターをしていても患部を安静にすることは難しく、首の座っていない長女を抱っこする時や着替えの際にズボンをはく動作で痛みを訴えていました。

 

※ホルモンバランスの変化※
エストロゲンという女性ホルモンは腱の動きを滑らかに保つ役割がありますが、更年期や出産で低エストロゲン状態になります。
低エストロゲンになると、腱や腱鞘がむくみやすくなり結果的に腱鞘炎など手のトラブルを引き起こします。

 

その他に手の構造上、腱の数や付き方、腱を分けて通すための隔壁の数に個人差があり、狭窄の生じやすさにも個人差があるといわれています。

 

簡単な腱鞘炎のチェック法

 

まずは、「最近、手や指が痛いな」と感じている方に、簡単な腱鞘炎のチェック法があります。

 

⑴ 痛みがある側の腕を前にしっかり伸ばす。

このときのポイント親指を軽く握ってください

⑵ そのまま小指側に手首を曲げていきます。

 

また、わかりにくい場合は同じ要領で親指を下にひっぱって痛みが強くなるかチェックする方法もあります。

 

ド・ケルバン腱鞘炎の場合、圧痛を感じる部位に腫れがあり、親指を小指の方向に向かって曲げたときに痛みが強くなります。

この動作で痛みが増したり、鋭い痛みを感じたりした方は腱鞘炎の可能性大です。

 

 

一般的な治療法と予防法

症状を緩和するため、手や指、特に親指の使い過ぎに注意することが重要です。

パソコンやスマホの長時間の操作、家事や作業、スポーツなどといった手の酷使を避け患部を安静にすることが最優先となります。

手首や指の安静のためにサポーターや装具などで痛みの原因となっている動作を制限します。

安静にして手を使わなければ腫れは収まってきますが、使い続けると腫れが継続し、痛みを伴います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか

もし腱鞘炎のチェック方法で痛みがあれば、まずは手を使わないように安静にしてください。

そして、腫れや痛みが引いてきたら徐々にストレッチを行うことで予防につながります。

 

家事や育児や仕事などで安静にしていることが難しい場合や、長引いてなかなか治らないと不安な方はぜひ一度ご相談ください。

腱鞘炎は我慢して放っておくと、手指にしびれや関節が変形することもありますので、親指や手首がピリッと痛んだり指がこわばったりした際は、早目にご来院ください。

当院では最新の電気治療機器や鍼灸、徒手療法など様々なアプローチで痛みや腫れに対応し、腱が腱鞘をスムーズに通るようにするための治療を行います。

(柔道整復師、鍼灸師、あんまマッサージ指圧師  齊藤博貴監修)

 

 

宮ノ後鍼灸整骨院はその場しのぎの治療ではなく根本的な改善を目指しています。

【痛みの治療】から【痛みの出ない体作り】までサポートさせていただきます。
【完全予約制】にすることで患者様の待ち時間をなくしています。

【自費治療専門院】ですので、慢性的な腰痛や肩の痛み、手足のしびれなど様々な身体の痛み不調に対して

一人ひとりの患者様としっかり向き合い最善の治療を行います。

≪久御山町・城陽市、宇治市、八幡市で腰痛、肩こり、神経痛、スポーツによるケガなら≫

【診療時間】
月~土 午前9時~午後12時半
月~金 午後4時半~午後8時
休診日 土曜午後・日祝
宮ノ後鍼灸整骨院は完全予約制、自費治療専門の整骨院です。
初診の方は、お電話でご予約お願いいたします。
24時間受付可能な予約専用ホームページはこちらです。
宮ノ後鍼灸整骨院 http://hyrn-kyoto.com

 

LINEからのご予約お問い合わせが可能です。
お友達追加はこちらへ http://lin.ee/yQSO6fp

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。